2006年07月24日

今年も混戦

スーパーGTも5戦終了。 毎回優勝候補だった昨年チャンピオンが、やっと勝ち、シリーズという面で面白くなってきました。
これは作られた拮抗状態だとか言う話はおいといて^^;
ランキングトップの8が53点、10点以内の47〜44点に5台、1勝している35が10位27点… 鈴鹿は+5点が有るので、この辺りまでが権利ありでしょうか? そして今年は有効得点という制度まであります。
6戦までの中で有効が5戦 つまりは一番低い得点はカットされる。 これを5戦終了時点に適用してみると…

No. Point 有効
1 8 53 50
2 1 47 45
3 18 46 46
4 22 46 44
5 36 45 44
6 23 44 44
7 100 34 34
8 (22) 31 31 ←途中参戦のライアン
9 12 30 27
10 35 27 27

1〜6位は実質的に6点差しかないことが判ります。
鈴鹿1000kmは優勝+ポール+ベストラップで32点稼げますから、このレースが終わらないと何も見えてこないので、今騒ぐのは早いのですが^^;
36号車に関してはJAF裁定に掛かっている事は言うまでもありません。
posted by fuji73 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1022121

この記事へのトラックバック