2005年07月05日

新規定

FIAが発表している2008年からのレギュレーション案(あくまでもまだ案)は、部品のワンメイク化(タイヤを含む)により過度の技術開発を抑え、コストダウンする方向なのですが、多くのF1ファンにはウケけが悪いようです。 天井知らずの技術開発がF1の最高峰イメージに繋がっているのは確かですし、それを見るのも(見せてくれるのはほんの一部ですが)楽しみの一つではあります。 でも私なんかは、これも有りかなぁと思ってますけどね。 完全にワンメイクって訳でもないし、規則の中で如何に知恵を絞って抜け出すかがレースってもんですし。
タイヤは出来れば複数メーカーの方が良いとは思いますけど、テスト日数制限が合意できないのはタイヤ絡みの理由が大きいですし、この大きな規則変更で一方だけ極端に有利になっちゃう今年のような状況も有り得るので、難しいところです。

特に評価するのは、空力規制を進める代わりにメカニカルグリップを向上させるってところ。 具体的にはマシンの幅を広げること(ストレートスピードを抑える効果もあり)とスリックタイヤの復活です。 今のナローなマシンにも見慣れてきましたが、やっぱり妙にフロントタイヤの大きさばかりが目立つ最近のマシンはカッコ悪い。 メカニカルグリップが上がれば、そして幅広化による空気抵抗増加分をキャンセルする狙いからも、フロントタイヤは再び小さくなるかもしれません(そもそもタイヤがワンメイクだとサイズ変更は無いかもしれませんが)
他チームからのシャシー購入の許可も賛成。やっぱり20台では少ないです。 ミナルディやジョーダンと争うチームが増えたって、それもある意味面白いと思います。 最高峰なんだから、基準に達しない方には予備予選でお引取り願うくらい厳しくても良い。
ついでにスポット参戦も認めてください。例えばフランスグランプリだけでもパニスが走れれば観客動員も期待できるでしょ? 日本だったら、前年度フォーミュラニッポンチャンピオンにチャンスを与えるとかも出来るしね。

そもそも、昔はF1といえども買ってきた部品でまかなうところが多かったわけで(多くのチームで共通部品となっていた)、90年代以前のF1に戻ると考えれば、そんなには違和感のあるものにはなら無いでしょう。 まぁ、ファンだけでなく、今のF1産業で利益を上げている業界全体も反対するでしょうから、簡単には決まらないでしょうけどね。
posted by fuji73 at 20:55| Comment(5) | TrackBack(2) | F1
この記事へのコメント
スポット参戦は良い案ですね。
3rdドライバーを走らせているチームに協力してもらえばやれないこともないでしょう。
Posted by みゅーきー at 2005年07月06日 00:16
70年代のF1って、フェラーリ以外はみんなDFVにヒューランドのギヤボックスだったりしたけど(アルファの水平対向12気筒とか、マトラのV12とかもあるにはあったけどさ)、その分シャシーは色んなのがあったし、レース自体も拮抗してて面白かったですよねぇ。

でも、あれはルールで規制してそうなったんじゃなくて、あれしか選択肢がなくてやってたことだからなぁ。

改めて「標準化」なんて言われると、なんかDTMの真似してるみたいでちょっとねぇ。
Posted by すえひろ at 2005年07月06日 01:10
DTMの標準化も見ている分にはあまり気にならないですし、ことさらそれを強調しなければ良いんじゃないでしょうか。

現状、殆どの部品を内製化(その他も独自スペックでの外注)しなくては勝負にならない状態で、参入するには既存チーム買収かトヨタレベルの初期投資が必要な状況から、少しでも新規参入しやすい状況を作れたら良いなと思うまでです。
ジョーダンの初年度とか、トールマン(その後のベネトン→ルノーの成り上がりストーリーを含む)、コジマなどは今の状況では生まれそうにないわけですし。

スポット参戦も、標準部品化で少しでも敷居が下がれば可能性は増えるでしょう。 現状少なくともチームとしてのスポット参戦は禁止ですが、許可されたところで用意できるマシンのレベルを考えると参戦不可能に近いですしね。
Posted by ふじなみ at 2005年07月09日 11:21
まぁ、今回「標準化」されたのは本来コンストラクターで内製していなかったようなパーツが殆どですから、コンストラクターの腕の見せ所はちゃんと残してはあるとは言えますね。
ブレーキなんか、今だってみんな似たような仕様の物を使ってるんだろうしね。
川井ちゃんなんかは「これじゃインディカーと一緒だ」とまで言ってましたが、それは言いすぎですよね。

でも、ECUぐらいはエンジンマニファクチャラーが独自に開発してもいいような。

それと気になるのは、「標準化」ってことで各パーツメーカーが公認を取るために色々政治的に動いて、しょうもない利権が発生しちゃうんじゃないか、ってことですね。
で、またバーニーやモズレーのところに巨額のお金が転がり込んでくる、と(^^;
まさか標準化の真の狙いはそこだったりしねーだろーな?!(^^;
Posted by すえひろ at 2005年07月09日 18:07
ふじなみさんはご存じですが、私の第一声も「これじゃIRLだよ。」でした(笑。

個人的にはECUの標準化は勘弁して欲しいなぁ。
Posted by おおた at 2005年07月09日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/243558

この記事へのトラックバック

FIA F1の2008年シーズン規則案概要を発表(再掲載)
Excerpt: ・エンジンのコンピュータ(ECU)は標準化 ・TRCなどドライバーズエイドは禁止 ・ギヤボックスの標準化 ・クラッチ及びギヤシフトは手動 ・ブレーキ関連パーツも標準化 ・テレメトリーの禁止 ・タイヤの..
Weblog: あさか野通信
Tracked: 2005-07-06 00:28

時計を戻したFIA
Excerpt: FIA、2008年以降のレギュレーション案提示(Nifty F1) ざっと見る限
Weblog: 日々備忘録
Tracked: 2005-07-07 02:06