2005年07月31日

フォーミュラ・ニッポン美祢

美祢にはもう何年か行ってないが、数年前までは電車だったり、多人数で乗り合わせたり、往復一人で運転だったりと、色々な方法で通いました。 多い年は年3回(FN×2、GT×1)行ったこともあります。
なんで1000kmも離れたサーキットに行ったかと言えば、やはりここでのレースが面白かったからだろうと思います。 その理由としては、コースレイアウトや路面(舗装の材質なのかな?)が他の国内サーキットと異なる性格だからだろうと思っていましたが、ここ数年のレースを見ると、あまり他のレースと性格が変わらなくなってきたように思えます。 以前は鈴鹿や富士に比べて練習走行時間が少なかったという理由の方が大きかったのかな?

今回のレースも面白かったけど、特に美祢だからといった部分は少なく、最近のFNとしては平均レベル(ただし平均点は高い) とはいえ、波乱の美祢は健在だったようで、TVでも十分楽しませて貰いました。 しかしブノア・トレルイエはなんでこんなに不運なんでしょう? 今回優勝は無理だったとしても2位、少なくとも本山より前ならば首の皮一枚でチャンピオン争いに留まれただろうし。 彼の場合、自業自得と言うかそれを自らが引き寄せてる場合が多いけれども、今回は完全にチームのミス! 星野さんも「どういうふうに謝ろうか考えています」って位ですからねぇ…。
posted by fuji73 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/243566

この記事へのトラックバック