2005年10月02日

MEGAWEB

トヨタのF1走行イベント&トークショーがあったので、お台場まで行ってきました。
TF105_Zonta道中思ったよりも空いていて10時前に到着、MEGAWEBすぐ裏の1日¥1500の駐車場に車を止め、会場に向かうと… 受付は11時からなのだが既に長蛇の列! この時点で既に2千人くらいは居たんじゃなかろうか? あまりに列が長くなった為か、既に一般受付は開始されていた。
自分はファンクラブの招待枠に当選していたので、定刻11時にA??2というパスを貰い、トークショウ最前列へ。 前夜から並んだ人も居るという一般入場は、最前列でも私の数m後ろ。 先着900名だったらしいけど、かなり早く来ないとココには入れなくてモニターで見るしかなかった模様。 なんだかちょっと申し訳ないような気も…。

トークショウ第一部は技術陣、トヨタの高橋敬三さんと木下部長、解説は森脇基恭さんで、司会はこの後の走行イベントまで通しでフジテレビの塩原アナ。 第2部はドライバー編、直前まで鈴鹿に投入されるTF105Bのテストを行っていたトゥルーリは欠席だったが、ラルフ・シューマッハーとリカルド・ゾンタが出演、解説は片山右京氏であった。 トークの内容は…まぁ当たり障りの無いものではあったが、TVや雑誌でしかお目に掛かれない方々を目の前で見るのは滅多に無いチャンス。

そして走行イベント。 自分はたまたま位置が日陰だったし、最後に誘導される組なので良かったけど、直射日光下でずっと待ってた人たちは大変そうでした。今日は暑かったですし。
このコース、普段はライドワンという市販車のチョイ乗り用コースで、狭くて短いのでそんなにスピードは出せないのだが、レースカーとレーシングドライバーが出てくるんだからそんな訳にもいかず(^^ゞ これまでの最高速度は先日右京さんがTS020で出した216km/hだったらしい(相変わらず無茶します…) これ、現地でコースを見たら、とんでもない速度だと思えます。 だってブレーキングも含めて距離300m弱、道幅4mも無い路地みたいなところなんですよ! で、当然のように右京さんはタイトルホルダーは自分なのだと2人のドライバーに伝え、煽ります(笑) 煽られた2人はF1の名誉に掛けて踏んで行くわけです。 音と挙動から見てトラクションコントロールを結構効かせていた様だけど、一瞬リヤが微妙に振れるシーンもあり、ブレーキングは結構攻めたんじゃないでしょうか(それでも多分かなりの余裕を残してると思いますが) やはり記録はアッサリ塗り替えられました。 細かい数字は忘れちゃったんだけど225km/h位だったかな。

至近距離2m位の所をぶっとんで行くわけですから、ど迫力です。 音もサーキットで聞くような感じではなく、目の前を通り過ぎる瞬間、ドーンという爆発音的な衝撃波が来ます。 サーキットでは耳栓したこと無いんですが、受付で貰った耳栓を取り出そうか迷いました(全員に配る必然性を実感)
途中プレゼント抽選など挟んで、2人のドライバーが数往復してイベント終了。 結構楽しいイベントでした。 ずっと立ってたので疲れたけど…。

雰囲気だけでもということで、下記に動画を置いておきます。暫くしたら消えますが(^^ゞ消えました(^^ゞ
posted by fuji73 at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
徹夜して並ぶくらいなら帯広来た方が良かった気がするぞ(笑。
ちなみに帰りの飛行機の隣の席が、A.コーワンで寝てられませんでした(^^;。
Posted by おおた at 2005年10月03日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/243594

この記事へのトラックバック