2005年10月11日

鈴鹿

水曜夜出発??月曜午後帰還 毎年恒例の鈴鹿F1ウィークを過ごして来ました。
左近!
(クリックで拡大画像を追加)追記はまたあとで(^^ゞ

てなわけで、ぼちぼち書いていきます。
(追記その1)
ここ数年、鈴鹿F1の準備は2月から始まる。 オートキャンプ場の予約争奪戦である。 何度リダイヤルしても「ただいまこの番号は、たいへん繋がりにくくなっております…」の繰り返し。 30分以上掛け、どうにか予約に漕ぎ着けるのに精一杯であり、その時には大抵フリーサイトしか残っていない(元からフリーサイトの予定だけど) 毎年個別やキャラバン、トレーラーハウスを利用している方々って、いったいどんな技を使ってるんでしょうね? 昨年からは8人位のメンバーを募って2サイトで利用。 隣り合わせで2面あると色々と便利なのです(詳しい話は内緒(^^;)

以前は正面駐車場でした。 きっかけはAkalyF1の常設オフ会場@ボウリング場前でしたが、いつの間にか恒例になっていました。 言葉は悪いが、ホームレスとか自称するような集団で、車中泊の車両を数台固め、微妙に寄せたり端のスペースを利用してテーブルを並べ、時にはブルーシートで屋根を作って毎晩宴会を楽しんでいました。 薄汚かったけど、ゲートには近いし、日々鈴鹿に通う混雑も無く、雨が降っても下は舗装路面で泥濘にならず、色々な人に遭えるしと、それはそれで快適で楽しかったのですが… 年々出足が早まって良い場所は水曜には大方埋まるなど、場所取りが厳しくなってきました。 たとえ駐車できたとしても近所に固まる事が出来ず、継続は難しくなりました。 そのうち駐車場常連の方の中にオートキャンプ場に移動する方が出始めました。 そこを訪れて快適さを知った自分は、水曜の早い時間から場所取り隊に参加できなかった事もあり、一昨年初めてココの住人となりました。 そして去年からは元駐車場メンバーで今でもF1に通ってくる仲間を加えて大所帯になったわけです。

(追記その2)
そしてGPウィーク…(でもまだ木曜日)
昨年から、特別ピットウォークが開催されている関係で来場者の出足が異常に早くなりました。 自分も例に漏れず木曜未明に鈴鹿入り。 キャンプ場管理棟前で仮眠、管理人が来るのを待って先ずはチェックイン。 サーキットに向かうと既に長蛇の列… 皆さん早朝から気合入ってます。 1組目の集合時間なんて8:15だもんね。 ピットウォーク自体は、国内でも見慣れてますから特になんてことも無し。 シャッターがなかなか開かないチームもあるし、柵が遠くて人も多いのでマシンも良く見えないし… 雰囲気は十分楽しめましたけどね。 その後、ドライバーサイン会の抽選があって、当選者は再度並んで抽選(どのドライバーに当たるのかは最後まで判らないらしい) 当選確率は1/10、自分は外れたけど知り合いが一人当選。 それを暫くスタンドから見学。 新しいV席に座って眺めをチェックしたり、自分の席(C席=シケイン)を確認したり、未だ人気がなかった特別展示ブースの『日本のグランプリ史』(と言うより鈴鹿グランプリ史だったかも)を見たりしてからキャンプ場に戻り、黙々とテント設営。 今晩は2サイトに3人しか居ないし、テントもそれぞれ小さめなので、大きめなターフをど真ん中に広げても閑散としています。 昼過ぎには仕事も無くなって…前夜移動で睡眠不足もあり、テント内で横になったきり記憶無し。 夜は「味の街」を予約していた方に誘われ「カンパネラ」へ。

(追記その3)
別エントリーに続く…
posted by fuji73 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(1) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/243595

この記事へのトラックバック

鈴鹿を振り返る
Excerpt: 先週の鈴鹿の顛末記。 10月5日(水) 職場からダッシュで帰宅。 夕飯〓荷造り〓風呂。雨の降る中、車に荷物を積んで23時に出発。 コンビニ寄ったりガ...
Weblog: いでっちのおうち
Tracked: 2005-10-12 23:56