2009年03月29日

ウルフ以来

wolflogo.jpgと言われたって、今やピンと来る人の方が少ないでしょう。
(でも、ここを見に来るような人には常識?)

カナダの石油王ウォルター・ウルフが、1977年フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズを買収して参戦、デビュー戦で優勝したチーム。 この時のドライバーはジョディ・シェクター。
#現在のウィリアムズはチームを離脱したフランクが設立した別チーム

この頃(1976年に日本でF1初開催)DFVエンジンの全盛期であり、ワークスエンジンでなくても戦闘力は十分で、勝負にはシャシーの比重が高かった。
そういう意味で、メルセデスのカスタマーエンジンを使うブラウンと状況は似ているかもしれない。
参戦初年度、ウルフは初優勝を含め3勝するも、ランキングは2位。 翌年も序盤は活躍するも優勝は無く、オーナーも参戦意欲を失って1979年末にチーム資産を売却。 3年でチームは消滅。 その後の経緯の方まで似ないことを願う(^^;;

ちなみに最後に所属していたドライバーが、後にウィリアムズに乗ってチャンピオンとなるケケ・ロズベルグ(言わずと知れた?ニコの父) 他にもジェームス・ハント、一時期ホンダF1チームに居たような気がするボビー・レイホール(北米ラウンド2戦のみ)もウルフで走ったことがある。
デザイナーはハーベイ・ポスルスウェイト、マネージャーはピーター・ウォーなど、何かと(その後も含め)大物が関わっていたチームであった。 ここもブラウンと似て…

ちなみにヤフオクに出てました。<本物か?(WR2〜WR4のどれかかも)
posted by fuji73 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28061883

この記事へのトラックバック