2009年08月23日

2010年(も鈴鹿で)F1日本グランプリ開催

既にアチコチで速報されていますが、FSWが来年の開催を放棄したことから先行きに不安のあった日本グランプリの継続が決まりました。

実のところ
まぁ一回位途絶えても止む無しと思っていました。

日本に限ったことでは有りませんが、F1主催者(FOAとかFIAとか、某バーニーとか)に好き勝手にやられ、開催権料やその他諸々法外な金額を要求されていましたので、ここらで仕切りなおしも良いのではないかと。
実際現在途絶えているカナダGPも、開催権料を大幅ディスカウントさせることに成功、復活するようですから。 日本だって、いつまでも言い値で払い続けるのもどうかと思ってました。 チケット代も高くなって、このままでは以前のような超満員は期待できないでしょう(実際今年の売れ行きは…)

ここ数年、政治的な思惑も含め、政府などを後ろ盾にしたイベントを目論む開催地が多かったのですが、某国のようなガラガラのスタンドではイベントのイメージダウンに繋がり、かえってスポンサーや視聴者離れを招きかねないことは明らか。 観光客を当て込んだ国では、昨今の不景気で思うように客は集まられないでしょうし、日本や西欧など、根強いファンの多い地域で開催せずには、更なる先細りの不安が出てきて当然です。

そして…
F1は今後、もっと変わらなくては生き残れないでしょう。
タバコスポンサー→自動車メーカーと、ここ四半世紀のパトロンには今後期待できませんしね。 さてどうなるか?
posted by fuji73 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31547457

この記事へのトラックバック