2013年07月09日

あと5日

 現在の車は残価設定型ローン<トヨタ3年分ください…とかやってるアレ>なので、3年後に返却するか、残価を払って買い取るかの2択な契約となっている。 契約終了は車検終了の8月後半だと思い込んでいたのだが、改めて契約書を見たら8月2日となっていた(この時点で既に2か月を切る)

 乗り換えると決めていた、というかそもそも3年毎に乗り換えろという会社の制度(補助は出るものの、良く考えると自己負担は結構大きい)なので、暢気に構えて見積もりを取ったりしていたFX(次期主力自家用車)の選定・契約を慌てて進めたものの、期限までに納車できるか不透明。よって一旦買い取って売却することにした。
 契約を急がせるために?営業さんは7月納車は厳しいかもとか言ってたけど、契約時点では7月半ばの納車となり、7月頭には更に早くなりそうな雲行き。
 となると、現車の売却を進めなくてはならない。まぁ車検まで一か月以上あるから、慌てることは無いのだが、関係各方面に聞いてみたらボーナスシーズンで中古車需要があり、早めの売却が吉と出た。

 そこで… ネット上の一括査定を試みる。ちなみこれ便利だけど、中身知らないで使うと大変なことになりますので注意が必要。入力自体は簡単なのだが、個人情報を晒していることに違いはありませんので。 大抵のサイト(特定の中古車業者が運営しているものを除く)では、複数社に一度に依頼が飛びます。入力の途中で業者は選べますので、多すぎるようならばいくつか削っておくのも良いかと。なぜならば…
 送信して暫らくすると、各社からコンタクトのメールが飛んできます。一部は概算の買い取り価格を提示してきたりして、このままネット上で交渉が始まると思われがちですが、教えちゃった電話番号には次々と業者(大手の場合は本社のコールセンターみたいなところ)からコンタクトの電話が入ります。
 電話は基本昼間なので、仕事に出かけて不在だったりすると家族に迷惑だし、携帯番号晒しちゃったりすると、仕事中にもじゃんじゃん鳴ります。全て「一度お車を見せてほしい」と言う内容です。 時間を決めると、今度は実際に査定に来る営業さんからも電話が入ったりします。 私の場合、仕事中は留守電です。それでも根気よく何度も掛けてきます(相手だって仕事で勝負してますからね) 結果、CMもやってる大手が4社と地元中古車業者が2社との交渉になりました。

 結果から言うと、最初に来た業者の提示した額から、順次各業者の査定を受けながら粘りに粘って(とは言っても交渉したのは殆ど1日だけだけど)20万円ほどの上積みを獲得し、なんとか希望の額に近い金額となりました。
 実際は返却したほうが有利だったかもしれませんが、走行距離と内外装に減価分を返却後に査定し、追い金で払うことになるので、リスクも含めてトントンといったところでしょうか。しかも返却先は2年前に住んでいた250km離れた町だ。

 ということで(前置き長い)、あと一か月近く先を予定していた現車最後の日=業者に引き渡す日まで残すところ1週間となりました。 もしそれまでに新車が届かなかったら…通勤には会社の車を借りて繋ぎます。

現マイカー最後の日まで、あと5日(宇宙戦艦ヤマト風…)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70691165

この記事へのトラックバック