2006年07月10日

NASCAR?!

モントーヤのNASCAR移籍が明らかになりました。 噂には有ったけど、ちょっとビックリな選択ですね。
#翌日続報、フランスGPからはデラロサに代わることになった模様。 既に心はアメリカなのでしょう。 子供も生まれるし、家もマイアらしいし。
受け入れ側も本気だし、単なる気まぐれの類ではないようです。 但し本人も「3年後の自分を見て欲しい」なんてコメントを出してるように、勝てるようになるには時間が掛かるでしょうね。

既に多くのファンが気付いてしまっているように、ドライバーにとっても「F1」というカテゴリーが、それほど面白いものではなくなってきているのかもしれません。 金銭面や世界的な注目度・知名度で言ったら、未だ超一流でしょうけど。

そんじゃ何故見てるの? と言われれば、自分にとってのモータースポーツは「モーターレーシング」であって、マシン面の魅力が大きいからなのですね。 徹底的に速さに拘って、金や技術に妥協せず作られたマシン。 最近話題になっている将来のレギュレーションにより、それが無くなったら・・・ 見る価値は半減以下でしょう。 レース(ドライバー主体の競争)見るだけだったらフォーミュラニッポン、オリジナルなマシン見るのならスーパーGTで良いんだしね。
posted by fuji73 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/955616

この記事へのトラックバック