2008年03月16日

スーパーGT開幕戦 鈴鹿

P1020601.JPGGT−RによるGT−R(以下略)…と言われたレースを見てきました。 展示ブースもごらんのとおり。
まぁ事前にこうなるだろう事は想像できていたので、日産勢の中での力関係やらGT300を見て十分楽しめました。
続きを読む
posted by fuji73 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2007年11月07日

今シーズンも終わりましたが

こんなのが出ます。
シーズン中に出した方がよい気がするんだけど…
posted by fuji73 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2007年08月20日

鈴鹿1000km

波乱のレースでしたが、序盤から色々あり過ぎて書ききれません^^;
GT500でノートラブルで残ったのは2台だけ… その2台で事実上優勝争い。 よって中盤からは膠着したレースになったのですが、終盤は天候で波乱! 見てる方も暑かったりズブ濡れだったりで大変でしたが、面白いものを見せてもらいました。
続きを読む
posted by fuji73 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2007年06月24日

GTセパン

生中継なので、5時からTVにかじりつき。 相変わらず何が起こるか判らない展開は面白いですが、肝心のシーンが映って無いですねぇ。 ラストラップなんて、4位以下に何があったのかサッパリ判りません。 早くもウェイト調整が始まったのかな??
#公式HPレポートによると、3のコースアウトに後続が巻き込まれたようです。
 3,25,8,38 → 38,25,8,3

それにしても18は…
posted by fuji73 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2007年05月05日

まさかの

IMG_1078[1].jpgNISMO 1・2フィニッシュ!
これ予想した人居ないんじゃないかな?(失礼!)

今回の日産勢、セッティングが決まらないようで、特にNISMO勢は練習走行日から見た目にも空力パーツの変更を繰り返していました。 予選で唯一12号車が上位進出しましたが、あれはブノアが頑張ったと言うべきじゃないでしょうか(実際凄い走りでした。小暮はもっと凄かったけど…)
ライバルがトラブル等で後退した結果とはいえ、決勝に向けて(もしかすると決勝中も)上手く合わせこんできたんでしょうね。

写真は決勝とは異なり開幕戦に似た形状
(2位の22号車はこれに近い形になっていました。23号車の決勝は下の3号車と似た形。)
posted by fuji73 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2007年05月03日

富士GT

IMG_1140[1].jpg IMG_1495[1].jpg
2戦終わって、シーズンの戦い方が見えてきたチーム、そうでないチーム…
GWの富士って結構序盤の節目になっていると思う。(かつてはルマン前の意味合いもありましたけど)
新車を投入するチームあり、気合入り過ぎ?練習走行からありゃりゃのところも…
posted by fuji73 at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | SUPER GT

2007年03月10日

なんだかよく判らないけど…

とりあえず収束したようです。 リリースも出ています。
しかも激G打ち切りどころか、「テレビ」は更に充実と!?
続きを読む
posted by fuji73 at 21:04| Comment(3) | TrackBack(0) | SUPER GT

2007年03月07日

事件は現場で起こっている?!

何が起こってるのか外からは良くわかりませんが、AS誌の記事よりも更に事は進んでいるようで… ちゃんとシリーズ継続できるんでしょうか?
関係者の方々には頑張って欲しいですね。<外野に言われなくても頑張っているのでしょうが。。。

開幕戦… ちょっと心配。
posted by fuji73 at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年11月26日

TMSFは2万9200人

今日は富士スピードウェイでスーパーGT第10戦が行われました。
続きを読む
posted by fuji73 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年11月05日

GT富士

今年は最終戦&連休開催、そして予選日としては大入りだったので、色々と考えを巡らせて備えましたが、杞憂に終わりました。 おかげでレース終了後1時間以内に帰宅出来ました。 今回も止めた場所が良かったのもあるけど、サーキット脱出なんて5分(1コーナーから歩き出してからだと10分少々)も掛からなかったし。

やっぱりGWのGTだけが特別なのか、富士のGTは混むというのが定着して敬遠されたのか… 例年に比べても観客多くは無かったように思えました。
続きを読む(ちょっと追記)
posted by fuji73 at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年10月25日

過熱

ついに日産がGT500にNAエンジン投入、NSXは特認エンジン(強化ブロック)とか。 最盛期のJTCC並みにヒートアップしてきましたね(縁起でもない?) 最終戦は面白いでしょうが、来年以降が心配…。
posted by fuji73 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年09月10日

計算ややこしい…

茂木が終わって、GT500は10点以内に6台、実質9位の23だって24点差だから可能性は無いとはいえない。 さて、ここで問題となるのが積算ウェイトと特別性能調整。 ウェイト考えると、オートポリスでは8(40kg?)や23(10kg?)が走りそうだけど、この2台が速すぎると最終戦は… 裏の裏まで考えて見なくてはいけないようです。 ちなみに私は日本に居ない予定なので、見られません^^;
posted by fuji73 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年08月22日

涼千

生放送で見た鈴鹿1000km
エアコン効かせて涼しかったけど、現地で見たら(暑かっただろうけど…)面白かったでしょうね。 6時間もTVじゃ間延びして途中で居眠りするかと思ったけど、最後まで見所多いレースでした。 余計な「事件」もあったけど…。
posted by fuji73 at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年08月15日

控訴却下

NISMOの控訴は棄却されました。
先日の裁定でひっくり返った暫定(順位、ポイント・ウェイト)が正式になりました。 まぁ、色々意見や問題あると思いますが、とりあえず鈴鹿前に決まってよかったです。
posted by fuji73 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年07月27日

鈴鹿1000km

GT500では第3ドライバーが誰になるかなどが話題になっていますが、GT300に注目すると… 現在ランキングトップの27号車が現時点でエントリーしていないようです。 スポンサー関連で調整中かな?

#エントリーリスト上には復活しました。
 FNは消滅、代わってEMSの名で平中復活。鈴鹿でもチームには同行していたらしいので、一戦休んで復帰するのは計画どうりだったのか?
posted by fuji73 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年07月24日

今年も混戦

スーパーGTも5戦終了。 毎回優勝候補だった昨年チャンピオンが、やっと勝ち、シリーズという面で面白くなってきました。
これは作られた拮抗状態だとか言う話はおいといて^^;
ランキングトップの8が53点、10点以内の47〜44点に5台、1勝している35が10位27点… 鈴鹿は+5点が有るので、この辺りまでが権利ありでしょうか? そして今年は有効得点という制度まであります。
続きを読む
posted by fuji73 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年07月19日

今年はドライバーの動きが激しい?

コマスが病気欠場で、代役が先日からコンドーのFNに加入した荒。
SAF1と同様、この件も開幕前から伏線が有った… と言えなくも無いか。
posted by fuji73 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年07月18日

再び裁定待ち

ペナルティ→控訴→取り消し→再控訴→??
続きを読む
posted by fuji73 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年06月17日

井出有治国内復帰

鈴鹿サーキットの1000km情報ページからリンクされている「観戦塾 Pokka1000kmを丸ごと楽しもう」によりますと・・・
鈴鹿1000kmでインパル3人目としての起用が決まったようです。 去年までの実績考えれば、第3ドライバーと言うより第2かファーストドライバーですね。 これを契機に日本復帰となるのか、それともGP2なのか?
SAF1に関しては、亜久里さんは未だ井出はチームの一員との発言をしていますが・・・、山本左近の加入、井出のマネージメントを行っていたモバイルキャストも既にスポンサーから外れているなどの状況から、事実上復帰は無さそうです。

#その後、井出選手のFN復帰が決まり、この鈴鹿1000km参戦の方は白紙となったようです。
 →結局12号車ではなく、23号車の第3ドライバーとしてエントリーされました。
posted by fuji73 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT