2005年06月25日

話題も収まってきたところで

F1アメリカGP
まぁ、起こっちゃった事は仕方が無いが、今後の展開が心配ですね。 余計なところに飛び火しないと良いのだけど。 自分としては、今週ハードスケジュールだったので早く寝られて助かった面もありますが(^^ゞ

その昔、
FOCA(F1製造者協会 代表はブラバムのバーニーエクレストン 現在のFOAに繋がる?)とFISA(現在のFIA 会長はバレストル)の対立により、揉めに揉め、レースのボイコットが行われたことがありました。 そのときレースに出なかったのはイギリス系チーム。 そしてレースに出たのは主にFIAに同調していたフェラーリなど大陸側のワークスチームとどっちつかずの振興チーム、そしてスポンサーの都合で欠場できなかったタイレル。 対立点の詳細などは忘れちゃったけど、全く不毛な争いでした。 この事態を収拾するために結ばれたのが、現在諸悪の根源とも言われるコンコルド協定。

それに比べたら…
そもそもの原因であるミシュランタイヤは論外だけど、レースをリタイヤしたチーム、規則変更を認めなかったFIA、ノンタイトル戦に同調しなかったフェラーリ、それぞれの立場では間違った事はしていなかったとは思います。 観客に対する考慮は足りなかったとは思うけど、予選が終わった後ではどうしようもなかったと。 バーニーはノンタイトルになっても全車参加で開催する方向で調整を試みたようですけど。 唯一解決策があったとすれば、ブリヂストンも言っている様に金曜の段階でミシュランが皆に相談するべきだったかと。
posted by fuji73 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年06月13日

カナダGP

おかげで寝不足です。
もっと単調なレースだったら、さっさと寝たのに^^;
posted by fuji73 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年05月29日

派手なクラッシュ

最近目立ちますよね? 偶然かもしれないけど。
ワンアタック予選やタイヤ交換禁止、無理なレギュレーションによる歪が出て来ているような気がします。 元々はコストダウンや安全性が謳い文句の改革だけど、TV視聴率や人気回復が狙いなのは明白。 そういう意味では、ここ2戦のバトル・トラブルの多さは今後の視聴率に好影響かもしれませんけどね。
posted by fuji73 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年05月23日

F1予選

今年の方法にも馴染み始めた今日この頃、結局予選方式は変更されるようだ。 簡単に言えば去年の方式に近く、土曜の一発勝負。但し出走順は前戦順位の逆順で、実質的に出走順を決める為の予選1回目はナシ。 予選終了状態で決勝出走することになるので、燃料も多いしタイヤを痛めるようなことも出来ない。 現在の方法は色々問題ある(特にTVの視聴率の問題…)ようだが、軽いタンクで能力目一杯で走るシーンが見られなくなるのは少々残念ではある。
歓迎される点は、土日に殆ど他に何もせずに過ごしてしまう事を避けられることかな?(笑) 全セッション(土曜のフリー2本+予選1、日曜の予選2+決勝)を見ようと思うと、午後からは下手に出かけられないので、結局ずっと家に篭ってしまうのであった(この土日がまさにそれ)
posted by fuji73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年05月22日

あなたの声をお聞かせ下さい。

「あなたのご意見がF1の将来像を具体化します」
てなわけで、FIAがF1ファンを対象にアンケートを行っています。 但し物凄く重い。それはもうアクセスを拒否しているが如く(笑)
posted by fuji73 at 18:33| Comment(2) | TrackBack(1) | F1

2005年05月06日

結局欠場

ポイント剥奪は仕方が無いかもしれないけど、出場停止で台数が減ってしまうのはツマラナイね。 このままモナコも諦めるのでしょうか? それとも…
posted by fuji73 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

BAR

久々にF1の話。
サンマリノGPでのBAR裁定重量違反疑惑に対し裁定。 当該GPの記録抹消&2戦出場停止+執行猶予一年(六ヶ月の出場停止)
問題は隠しタンクがどうのこうの…って話では無かったようで、つまりは燃料を全部抜けの指示に対し、従わず残したまま重量測定したってのが「隠し搭載量」って話になったようだ。 この時点でミスや勘違い等の類ではなく、最低重量違反を狙ってやった(或いは作戦上それを使えるようにする意図があった)との指摘が決定付けられてしまったようだ。
スペインGPに向け既に現地はスタンバイ状態となっていた筈で、このまま本当に欠場になるのかどうかは未だ判らないが、今後に向けても影響は大きそうである。 今年躍進のトヨタも足元すくわれないように気をつけないと…

追記
最終的なイチャモンの付け先は「バラストは可動してはならない」ってことのようです。 つまり場所を移動できる燃料をバラストに使うのはNGってことですね。
posted by fuji73 at 01:04| Comment(3) | TrackBack(1) | F1

2005年03月19日

オンラインチケット

去年申し込んだ鈴鹿F1のチケット(先行発売)が届きました。 最初から言われていたこととはいえ、オンラインチケット(チケットぴあ)は味気ないです…。
で、これは先行発売のみの対応かと思ったら、一般発売も同様の模様
確かに15万枚を超えるチケット販売は管理の面でも大変だし、餅は餅屋でその筋のプロに任せたほうが省力化にもなるんだけど、、、
ヤタさんの気まぐれ日記:
posted by fuji73 at 18:53| Comment(3) | TrackBack(0) | F1

2005年03月06日

F1開幕(その2)

天候振り回された予選に比べ、決勝は多少の波乱はあったものの、比較的平穏でした。 新レギュレーションの影響が出始めるのは次戦かも。 それでも現時点での実力は垣間見えたかな?
ホンダ(と琢磨)とトヨタには厳しいシーズンになりそうですね。
posted by fuji73 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年03月04日

F1開幕

気が付けばF1開幕。 長??いオフシーズンのはずなんだけど、仕事や何やらでバタバタしていたので「もう開幕?」って印象です。今年は。
今年は諸々興味を引く事があるんですが、先ずはこのスケジュールに馴染まないとね。
オーストラリアGPスケジュール

CS放送スケジュール
posted by fuji73 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年02月20日

開幕間近

WRCやNASCARは既に開幕(服部茂章は残念でした)しましたが、国内は体制発表されて、これから本格的テストが始まるといったところ。

F1は開幕前テストもほぼ終わり、各チームの戦力も見えてきました。
今年はルノーが速そうですね。マクラーレンも復調しそう。これに対し、フェラーリは新型車導入までの暫定仕様でどこまで戦えるかが見ものでしょう。 これらのチームはほぼ昨年並みのラップタイムで走行しています。
テスト不調のBARとウィリアムズは、前述の3チームにどこまで絡めるか?ちょっと厳しいかもしれません。
残りのチームは… トヨタは上昇の可能性はあるものの未知数。 ザウバーは失敗作っぽい? レッドブルは先ずは体制作りからで、序盤戦に結果は望めないかも。 ジョーダンとミナルディに至っては、昨年よりも更に難しそう。といった感じ。
レギュレーション変更の影響は大きなものだったけど、事前に予測されたとおりトップチームはすばやく対応、下位チームほど対策が遅れて差が更に大きくなったのは間違いないでしょう。
posted by fuji73 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年02月09日

Powered by TOYOTA

連続でジョーダンの話題。 EJ15のカウルにトヨタの文字。以前はロゴは入らないと言われていたようだが、方針変更。 エンジン代金のディスカウントの引き換えか?
でもジョーダンではCMどころか逆宣伝にならないかなぁ? 他の一般スポンサーなら兎も角、そのものずばりのトヨタエンジンが搭載されているのだから。
まぁそんなことよりも、本家トヨタのほうは大丈夫なのか? 先ずはそっちのほうが注目かもしれない。 ガスコインだけでなく日本から行っている首脳陣も背水の陣みたいだしね。
Nifty F1
posted by fuji73 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

EJ15

ジョーダンのニューマシンEJ15がシェイクダウンしたそうだ。 いや、特に話題にするほどの事でも無いのだが^^;
ミッドランドによる買収の後、スタッフの離脱や解雇が相次ぎ、まともにマシンが組めないのではないかとの憶測もあったので、ちょっと心配では有ったのだ。 でも、開幕前にマシンが出来ればそれで全てOKって訳でもなく、トヨタエンジンを得たとはいえ、昨年より厳しいシーズンになりそう(下にはあと1チームしか無いけど)
posted by fuji73 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年02月06日

井原慶子

昨年末から話題になっていた井原慶子の英F3参戦、しかもカーリンからというニュースはいろんな意味で話題になっていました。
そのカーリン代表がジョーダンのディレクターに就任したもんだから、井原慶子がジョーダンのドライバー候補?なんて話題にまで発展!(というか暴走?^^;)
まぁ、トレバー・カーリンさんのリップサービスと、話題を狙ったマスコミの誇張が加わってのものだとは思いますが、もしテストだけでも実現しちゃったら凄いこと(いろんな意味で…)になりそうですね。 そのためにも井原さんには今年一年頑張ってもらいましょう。
posted by fuji73 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(1) | F1

2005年01月30日

2MB

ブランデルとブランドルが組んで、、、、というのは一昔前のリジェの話ではなく…
名前もマークとマーチンなのでイニシャルも共にMB。この紛らわしい名前のイギリス人二人が組んで作った会社が2MB。レーシングドライバーのマネージメントを行う会社らしい。
今探しているのは「JB」または「DC」のイニシャルを持つレーサーだとか(嘘)
@nifty:モータースポーツ:ニュース
posted by fuji73 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年01月25日

ジョーダン買収

ミッドランドとかいう、(毎度の事ながら)よくわからない新たな存在がF1に参入する。 それと入れ替わりにエディ・ジョーダン氏は一線から身を引くようだ。 来期からはマシンもダラーラ製になるようだし、いずれはチーム名も変わるだろう。事実上ジョーダンチームの歴史は終わったと言えるんじゃないだろうか。 デビューの1991年に選手権5位の大活躍、1999年には3位に食い込んでいたチームが、無限→ホンダとの決別後、こんなに一気に衰退するとは… F1はやっぱり厳しい世界ですね。
F1 エクスプレス
posted by fuji73 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年01月20日

FOM支配は続くのか?

フェラーリ コンコルド協定延長に合意
GPWCが成立した際には、その中心メンバーになると思われたフェラーリだが、一転してFOMと合意に至ったらしい。 現在でも最高額の分配金を得ていると思われるこのチームに、FOMが(つまりはバーニーなのだが)更に魅力的な提案をして引き抜いたのだと思われる。
元々フェラーリは他チームとは意見を異にすることが多かったし、最近でもテスト制限やら諸々で孤立気味だったので、とりあえず今はFIAやFOMと協調したほうが有利ではないかとの思惑もあるんでしょうね。
posted by fuji73 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年01月16日

BAR007

B・A・Rのニューマシン007が公開されました。
予告どうりの特徴的なフロントウィングが目を引きますが、その他は正常進化的で恐らくこれが今年のトレンドなのでしょう。 そのフロントウィングとて、昨年までの形状を更に極端にしたものと見れば、現時点ではさほど新しくも無いかな?
ノーズに目を向けてさせておいて、実は今回見せなかった部品や隠れた秘密も色々とあるのか? ザウバーのように走り出してから色々出てくるかもしれません。
posted by fuji73 at 21:58| Comment(1) | TrackBack(0) | F1

ザウバーC24

フロントウイングが面白いです。
レギュレーションが大きく変わると、各チームで新しい試みが増えます。これが数年経つと正解が見えてきて同じような車になってきてしまうのは毎度の事。
今後開幕までに続々とニューカーのお出ましですが、どれくらい楽しませて貰えるでしょうか?
出来れば当分正解が見えないくらい混沌としてくれると良いのですが。

追記:BAR007も何やら面白そうです。発表は日本時間1月16日午後8時のようです。
posted by fuji73 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2005年01月11日

株式譲渡?

ホンダのBAR資本参加正式決定
既に既成事実として語られていたホンダのBAR資本参加が正式に確定となったようだ。これでBATを除くチーム創設当初のメンバーは排除されたことになる。
ところで他のニュースを読むと破産(を装った?)したり、管財人が売却広告を出してみたりと、まるで会社乗っ取り屋の手口みたいにも見えるんですが、後で訴えられたりしないのだろうか? まぁそこまでしないとクレイグ・ポロックが引かなかった&そこまでしてでも絶対に排除したかったということなのだろうが。
posted by fuji73 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | F1